見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

お台場にMRシアター ARとVRが融合、第一弾は廃虚の洋館巡るホラーアトラクション

最先端のMR技術を使ったエンターテインメント施設「TYFFONIUM(ティフォニウム)」

最先端のMR技術を使ったエンターテインメント施設「TYFFONIUM(ティフォニウム)」

  •  

 お台場の商業施設「ダイバーシティ東京プラザ」(江東区青海1)に10月28日、AR(拡張現実)技術とVR(仮想現実)技術を融合させたMR(複合現実)技術を使ったエンターテインメント施設「TYFFONIUM(ティフォニウム)」がオープンした。

お化け屋敷をモチーフとした第一弾アトラクション「コリドール」(体験イメージ)

 第一弾のアトラクションは、お化け屋敷をモチーフとした「Magic-Reality: Corridor(マジックリアリティ・コリドール)」。体験者はMR用のヘッドマウントディスプレーを装着し、最大2人1組で廃虚となった洋館を歩いて巡り、モンスターやトリック・シーンに遭遇する。ランタンで手元を照らしてVRコンテンツの世界を探索する間、自分と同伴者の姿も見えることから現実と仮想の世界が混ざり合うリアリティーのある体験ができるという。

[広告]

 今後は同コンテンツのバージョンアップに加え、4Dの要素を取り入れることも検討しているという。年内にはファンタジーの海をテーマにしたMRアトラクションもオープンする予定。

 営業時間は10時~21時。入場は公式サイトで要予約。8月31日まで。