食べる 見る・遊ぶ

「ガンプラ焼」白いジャーマンポテト味、お台場ガンダムカフェで限定復活

「1/144 RX-78-2 ガンダム」のプラモデルをリアルに再現した「ガンプラ焼」(©創通・サンライズ)

「1/144 RX-78-2 ガンダム」のプラモデルをリアルに再現した「ガンプラ焼」(©創通・サンライズ)

  •  
  •  

 お台場の商業施設「ダイバーシティ東京プラザ」(江東区青海1)2階「GUNDAM café(ガンダムカフェ)」で現在、白いジャーマンポテト味の「1/144ガンプラ焼」が限定復活している。

「GUNDAM café(ガンダムカフェ)」お台場店外観

 3月5日に展示終了を予定する「実物大ガンダム立像」の近くにある同店。「ガンプラ焼」は、1980(昭和55)年7月に発売された「1/144 RX-78-2 ガンダム」をモチーフに作られたガンダムカフェオリジナルの大判焼きで、プラモデルをリアルに再現した作りからファンを中心に人気を集めた。

[広告]

 同店開業時に発売していた「懐かしの味」をもう一度楽しんでもらおうと先月18日から販売を再開。SNSでは、「サクッとモッチリした生地に包まれたホロホロポテトと存在感あるベーコンがたまらない」など、味に対する評価の声も上がっている。

 価格は250円(フードとドリンクセットで50円引き)。同店ではほかにも、「ガンプラ焼 たっぷりクリーム」や「ガンプラ焼 デミチーズハンバーグ」「ガンプラ焼DX(デラックス)焼きそば&からあげ」などのラインアップをそろえる。

 営業時間は10時~21時。同商品の販売は3月末まで。

  • はてなブックマークに追加