食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

都民対象に「春の八丈島クルーズ」 東京港を身近に感じて

船出の様子

船出の様子

  •  
  •  

 クルーズのゆたか倶楽部(千代田区)が現在、来年3月12日から2泊3日で催行する東京港(晴海埠頭)発のツアー「にっぽん丸 春の八丈島クルーズ」を販売している。

大型客船「にっぽん丸」

 東京港を身近に感じてもらうことを目的に行う企画「都民クルーズ」の一環。都内在住・在勤の人を対象に、通常の乗船料金よりも低廉な価格でクルーズツアーを提供する。

[広告]

 東京港から八丈島へは、運航会社である商船三井客船の全長166.6メートル、全幅24メートル、最大乗客定員524人から成る「にっぽん丸」で向かう。クルーズ出港時には、一人が一定のリズムを刻み、もう一人がアドリブでたたく両打ちが特徴の八丈島の伝統芸能「八丈太鼓」の演奏も披露する。

 八丈島では、オプショナルツアーとして「八丈島周遊一日観光」(1万2,500円)、「八丈島の温泉と御赦免料理の昼食」(1万4,500円)、「八丈富士を歩こう!」(7,500円)を用意する。このほか、最盛期にはまだ早いが、同島にはフリージアが咲き乱れ一足早い春を満喫することができるという。

 申し込み方法や料金などは東京都や運行会社などのホームページで確認することができる。

  • はてなブックマークに追加