見る・遊ぶ 暮らす・働く

東海汽船が恒例「伊豆大島 初日の出のつどい」 日本唯一の砂漠がある三原山散策も

水平線から望む「初日の出」

水平線から望む「初日の出」

  •  
  •  

 東海汽船(港区海岸1)が12月31日から来年1月1日にかけて、伊豆大島での初日の出見学ツアー「伊豆大島 初日の出のつどい」を行う。

三原山

 今年で59回目を迎える同企画。遮るものがない伊豆大島の水平線から望む初日の出を拝み、大島温泉ホテルでの朝食や日本で唯一の砂漠がある三原山での昼食・散策、大島町からの振る舞いなども行われる。

[広告]

 ツバキやアシタバなどを用いてシルク生地を染め上げる「草木染プラン」、「椿(つばき)の花焼き」の手びねりを体験できる「陶芸プラン」、ツバキの実から油を搾る「椿油しぼりプラン」の3つのプランから成る文化体験も実施する。

 料金は、大人=1万4,800円、小学生=1万2,400円。定員は90人(先着順)。

  • はてなブックマークに追加