天気予報

27

19

みん経トピックス

お台場でアウトドアイベントヴィーナスフォート刷新

お台場の屋上バーベキュー場がリニューアル コンセプトエリアやこだわり食材も

お台場の屋上バーベキュー場がリニューアル コンセプトエリアやこだわり食材も

ソファ席を備えた「プレミアム区画」

写真を拡大 地図を拡大

 お台場のダイバーシティ東京プラザ(江東区青海1)屋上の「都会の農園バーベキュー広場」(03-6457-2669)が3月3日、リニューアルオープンした。運営は、Food’s Style(品川区)。

 「何度来ても楽しめる手ぶらバーベキュー場」をテーマに、600人以上収容可能なバーベキュースポット。

 今回のリニューアルでは、バーベキューエリアを「レギュラー区画」「プレミアム区画」「パーティー区画」「BBQテラス(テーブル席)」のコンセプトが異なる4区画に分け、100人単位の団体グループの利用まで受け付け可能な「レギュラー区画」をはじめ、グランピング体験ができる「パーティー区画」、ソファ席を備え木柵で仕切られた「プレミアム区画」、2人から食事感覚で利用できる「BBQテラス」など、人数や用途に合わせた利用プランを用意する。

 バーベキュー食材のセットメニューもリニューアルし、牛・豚・鳥の肉類に野菜、焼きそばなど定番食材をセットにした「お手軽BBQセット」(7,600円)、Tボーンステーキ500グラムなどが楽しめる「ダイナミックBBQセット」(1万円)、初夏からは農園スタッフが日本各地から選んだ食材を提供する「スペシャルFarmers'セット」(1万2,800円)も販売する予定。

 同社担当者は「バーベキューエリアのほか、お子さまも楽しめる砂場エリアや、併設する農園にはビオトープやアヒルやカモなどの動物を見る事もできる。今後取り扱う食材は、当社が地方生産者と取り組みこだわりの食材(湘南みやじ豚、黒かしわ、オーガニックタウンの埼玉県小川町で育てた野菜など)を提供する予定。ほかのバーベキュー場にはない取り組みなので、ぜひ楽しんで味わっていただきたい」と呼び掛ける。

 食材と飲料は持ち込み可能。全区画テントを備え、雨天時に対応する。

 営業時間は11時~22時(入れ替え制)。予約は利用日の30日前からホームページで受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング