プレスリリース

Stake Technologies、ビットポイントジャパンの独自ブロックチェーン基盤を共同開発開始

リリース発行企業:Stake Technologies株式会社

情報提供:

■ 協業内容 ビットポイントジャパンが、事業化を検討している取引所ネイティブトークン、NFT/DeFi関連サービス、P2P電力取引の基盤開発において共同で開発を行います。 Stake Technologiesは、これまでSubstrateを用いた自社パブリックチェーンPlasm Networkの開発、Polkadotエコシステムへの貢献、Ethereumを用いたスマートコントラクト実装などブロックチェーン開発においての知見と経験があります。今回の共同開発ではこれらの知見を用いて、アーキテクチャ設計支援、コードレビュー、基盤検討、実装などビットポイントジャパンの技術陣と密に連携しながら進めて行きます。



■Stake Technologies株式会社について
Stake Technologiesは次世代のWebであるWeb3.0の実現に向けて、ブロックチェーン事業を展開しております。
自社開発のパブリックブロックチェーンのPlasm Networkを利用したアプリケーションの構築、企業向けブロックチェーン開発、コンサルティング事業を展開しており、これまでもParity TechnologiesのSubstrate buildersプログラムへの選定、開発会社向けのサポートプログラムPlasm Grit Partnersの提供、ブロックチェーンの分散オラクルを提供するChainlinkとの協業など多岐にわたります。

今後もWeb3.0の実現に向けて、様々な企業との連携を進めていきます。

所在地:東京都港区南?山3-1-30
代表者:渡辺 創太
Website: https://stake.co.jp/

■株式会社ビットポイントジャパン
所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号
代表者:小田玄紀
Website:https://www.bitpoint.co.jp/

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home