見る・遊ぶ 暮らす・働く

豊洲にナイキのスポーツパークオープンへ スポーツの日常化をコンセプトに

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART」

「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART」

  • 18

  •  

 ナイキジャパン(港区)が、三井不動産レジデンシャル(中央区)と共同で10月10日、スポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART(トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポーテッド バイ スポーツ バイ アート)」(江東区豊洲6)をオープンする。

バスケットボールコート「AIR RAID COURT」

 同施設は、日常的にスポーツをする場所を提供し、人々が安全に集まり、活動し、楽しみ、スポーツ文化の浸透とスポーツを通じた地域コミュニティー醸成を目指す。インクルーシブデザインを取り入れ、スポーツの経験やスキル、障がいの有無に関係なく、スポーツを楽しめる設計になっている。ランニングトラックなどに再利用素材を使用するなど環境に配慮。脱プラスチックを掲げ、マイボトルで利用できる無料のウオーターサーバーを設置することでごみの削減にも取り組む。ナイキジャパンはパークのデザインも担当し、日本で人気の高かったシューズからインスピレーションを得て、色鮮やかなプレイグラウンドデザインに仕上げた。

[広告]

 同施設は、6つのエリアで形成される。全長280メートルのランニングトラック「CORTEZ TRACK(コルテッツ トラック)」、ボルダリングをイメージした立体ジャングルジムがある「ACG ADVENTURE(エーシージー アドベンチャー)」、3×3のバスケットボールコート「AIR RAID COURT(エアレイド コート)」、初心者からスケートボードが楽しめる「SB DUNK SKATE PLAZA(エスビー ダンク スケート プラザ)」、遊具やダンスやヨガなどのアクティビティーを楽しめる広場「WAFFLE TRAINER SQUARE(ワッフル トレーナー スクエア)」、パーク内全てのエリアが一望できる高台の「AIR MAX TERRACE(エアマックス テラス)」がある。

 エントランスには「CLUB HOUSE(クラブハウス)」があり、ラウンジスペースとレセプション、ロッカースペース、シャワー、ユニバーサル仕様のトイレを完備。スポーツタイムを快適に楽しめる環境を整える。

 営業時間は15時~21時(土曜・日曜・祝日は10時~)。イベント実施日・年末年始は営業時間が異なる。終日または一部貸し切り日がある。利用方法は、「NIKEアプリ」から事前登録する。

Stay at Home