学ぶ・知る

日本科学未来館で双腕重機イベント 実機のデモンストレーションも

実演を行う双腕重機「アスタコ」

実演を行う双腕重機「アスタコ」

  •  
  •  

 「双腕重機」を紹介するイベント「目撃せよ!双腕重機の世界」が3月30日・31日、日本科学未来館(江東区青海2)で開催される。

双腕重機シリーズの開発に携わった小俣貴之さん

 2005年に発表された「双腕重機」は、2本のアームを持つ重機で人間の腕のように左右で異なる動きができる点が特徴。複数台の重機で行っていた「つかんで切る」「支えながら引っ張る」「長いものを折り曲げる」などの作業を1台で可能になるため効率性が期待され、災害現場のがれきの撤去などで活用されている。

[広告]

 同イベントでは、「双腕重機」の開発に携わった技術者である日立建機の小俣貴之さんを招き、「双腕重機」特有の技術やアニメに着想を得たという開発秘話を掘り下げるトークセッションを行うほか、実際の実機を使ったデモンストレーションを行い、巨大な重機の2本の腕で繊細な作業を行う様子を披露する。

 開催時間は13時~14時30分。参加無料。事前申し込み不要。定員は100人。