見る・遊ぶ

東京湾でm-floが「宇宙」テーマにナイトクルーズ ビールメーカーとコラボ

「宇宙のナイト・クルーズ」のビジュアルイメージ

「宇宙のナイト・クルーズ」のビジュアルイメージ

  •  

 ビールメーカー「モルソン・クアーズ・ジャパン」(渋谷区)が8月31日、音楽グループ「m-flo」と組み東京湾の船上クルーズ企画「m-flo Presents IT’S Miller TIME -VOL.2- 宇宙のナイト・クルーズ from 日の出桟橋」を行う。

「船長」として乗船するm-flo

 同社は観光庁が推進するインバウンド向け施策の一つ「夜の経済(ナイトタイムエコノミー)」に着目し、「東京の街を夜から元気にしたい」とアンバサダーを引き受けたm-floと共に、金曜の夜を盛り上げる企画を毎月開催している。

[広告]

 同企画のテーマは「宇宙旅行」。m-floが、2000年に発売したファーストアルバム「Planet Shining」で表現した「2012年、宇宙船『グローバルアストロライナー号』で宇宙旅行に出掛ける」という世界観をベースに、会場選定やコンテンツ、キービジュアルなどをプロデュースした。

 会場は、宇宙船をイメージしたデザインの水上バス「ホタルナ」。m-floのメンバー3人は「船長」として宇宙服のコスチュームで乗船し、記念撮影や握手に応じる。参加者には当日限定ギフトや、同社が5月から国内販売しているビール「ミラージェニュインドラフト」、料理を提供する。

 開催時間は20時~21時30分。参加費は5,400円(発券手数料別途)。定員は100人(抽選方式)。参加はインターネットラジオ「block.fm」ホームページ内特設サイトで受け付けている。8月20日まで。