食べる 見る・遊ぶ 買う

東京ベイ経済新聞の年間PV1位は「イオンスタイル有明ガーデン」オープン

都市部のニーズに対応するという「イオンスタイル有明ガーデン」(イメージ)

都市部のニーズに対応するという「イオンスタイル有明ガーデン」(イメージ)

  • 8

  •  

 東京ベイ経済新聞の2020年PV(ページビュー)ランキング1位に「イオンスタイル有明ガーデン」オープンへ 都内初展開の「レジゴー」導入も」が輝いた。

 年間ランキングは今年1月1日から12月11日までに配信したニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 「イオンスタイル有明ガーデン」オープンへ 都内初展開の「レジゴー」導入も(5/15)

2. 天王洲に寺田倉庫の水上ホテル「PETALS TOKYO」 アート体感するロケーション(12/9)

3. イクスピアリにコンセプトファストフード店 看板メニューは「無限∞チキン」(7/28)

4. 舞浜シェラトンで夏季限定プール始まる ディズニー1デーパス付き宿泊プランも(8/4)

5. 「うんこミュージアム」がオンラインサービス開始へ 「ステイホーム」を楽しく(4/30)

6. アシックスが自宅でできるトレーニング動画配信 在宅「筋」務で運動不足解消(4/17)

7. ヒルトン東京お台場がワーケーションプラン販売 テレワーク需要拡大受け(4/7)

8. 大規模複合施設「羽田イノベーションシティ」開業 テナントは順次営業開始(7/2)

9. インターコンチ東京ベイ、開業25周年記念「ボランジェ シャンパーニュフェア」(7/30)

10. 舞浜シェラトンでフォトジェニックなハロウィーンスイーツ 魔女などモチーフに(10/13)

 1位は有明エリア開発計画の中心となる「有明ガーデン」にオープンした「イオンスタイル有明ガーデン」の紹介記事。食料品や日用品などの買い物ができる大型店舗のオープンは、生活に密着した情報として、2020年の年間ランキング1位に輝いた。

 2位の寺田倉庫の水上ホテル「PETALS TOKYO」の記事は、12月に掲載した記事にも関わらず、上位にランクイン。倉庫街・天王洲をアートシティに発展させる寺田倉庫の活動は、東京ベイ経済新聞の読者が注目していることが伺える。

 4位・7位・9位・10位には、ホテルの集まる東京ベイエリアならではの記事がランクインした。各ホテルの趣向を凝らした季節のイベントや、毎年恒例のビュッフェなど、読者にとって関心が高い話題といえる。

 東京五輪開催の予定だったが、開催延期で自粛ムードが強かったベイエリアの2020年。来年度、改めて開催されることで、街の動きもさらに活発化することが予想される。東京ベイ経済新聞では、歴史に残る来年のベイエリア情報を余すことなく伝えていきたい。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース