食べる

「羽田スタースイーツ」、出店4ブランド刷新-第1ターミナルのスイーツセレクト店

ドミニク・サブロンの代表商品「そらクロ」

ドミニク・サブロンの代表商品「そらクロ」

  •  
  •  

 羽田空港第1旅客ターミナルのスイーツセレクト店「羽田スタースイーツ」(TEL 03-5757-8125、8127)に12月1日、4つの新ブランドが登場した。

 同店は日本空港ビルデング(大田区羽田空港3)が2008年12月、「スターになるスイーツを羽田空港から発信し、全国、世界に広めていく」ことをコンセプトに、商業ゾーン「マーケットプレイス」2階のメーンコンコースにオープンした専門店。空港利用者がいつでも話題のスイーツを購入できるよう、各地から厳選した旬のブランドや人気ブランドを一定期間ごとに入れ替えて販売する。今回登場したのは第7弾となる4ブランドで、期間は2012年2月29日まで。

[広告]

 新4ブランドは、生の野菜・果物をフライにしたカラフルなチップスの「パティスリーブラザーズ」、パリの人気パン職人によるベーカリースイーツを扱う「ドミニク・サブロン」、堂島ロールで知られるモンシュシュの和ブラント「銀座瑠璃」、最中にクリームを挟む和菓子風洋菓子を展開する「もなふいゆ」が出店する。主な商品は、それぞれ「ベジフルチョコーレート」(780円)、「そらクロ」(840円)、「堂島クリーム大福」(260円~)、「もなふいゆ」(1,050円)。

 「今回より出店期間をこれまでの6カ月から3カ月に変更した。周期を短くすることで空港利用者により新しい話題のスイーツをお届けできる」と同店運営担当者。営業時間は6時~20時。