食べる

羽田空港スイーツセレクト店ブランド刷新-「羽田スタースイーツ」第5弾で

「焦げを楽しむ」という発想から生まれたdano和の「かたえくぼ」 写真=日本空港ビルデング

「焦げを楽しむ」という発想から生まれたdano和の「かたえくぼ」 写真=日本空港ビルデング

  •  
  •  

 羽田空港第1旅客ターミナルのスイーツセレクト店「羽田スタースイーツ」(TEL 03-5757-8125)に12月1日、4つの新ブランドが登場する。

 同店は日本空港ビルデング(大田区羽田空港3)が2008年12月、「スターになるスイーツを羽田空港から発信し、全国、世界に広めていく」ことをコンセプトに、商業ゾーン「マーケットプレイス」のメーンコンコースの2カ所にオープンした専門店。空港利用者がいつでも話題のスイーツを購入できるよう、各地から厳選した旬のブランドや人気ブランドを約半年ごとに入れ替えて販売する。今回登場するのは第5弾となる4ブランドで、出店は2011年5月31日まで。

[広告]

 新4ブランドのコンセプトは「選ぶことを楽しむ」。女性に人気のチャイナスイーツの「白金亭」、宝石のようなかわいらしい「プティスイーツ」が話題の「Sucre Bijou(シュクレ ビジュウ)」、今までにないクランチチョコレートが楽しめる「Chocolat Coat magie(チョコレート コート マジ-)」、「焦げを楽しむ」という発想から生まれた新タイプのスイーツ「dano和」が羽田空港に初めて出店する。

 主な商品は「東京白金中華饅頭(まんじゅう)」(白銀亭、6個入り・1,200円)、「プレミアムティラミス」(シュクレ ビジュウ、1,050円)、「Japanese crunch choco」(チョコレート コート マジ-、各種・630円)、「かたえくぼ」(dano和、各種・357円)。

 同ターミナルの商業ゾーン中央の空港利用者の主要動線上に位置する同店。羽田オリジナル「空スイーツ」の開発と常に新しいブランド展開で話題を集めている。「スイーツトレンドをリードするブランドをビッグバード(羽田空港国内線ターミナル)から多くの人々に広めていく」と同社担当者。

 営業時間は6時~20時。