羽田空港の新滑走路を歩くイベント-「空の日」記念で開催へ

建設中の羽田空港D滑走路の桟橋部分。環境への不可を軽減するため全長の約3分の1が桟橋形式となっている

建設中の羽田空港D滑走路の桟橋部分。環境への不可を軽減するため全長の約3分の1が桟橋形式となっている

  •  
  •  

 羽田空港で9月11日・12日、海上に建設中の新滑走路(2,500メートル)を歩くイベントが開催される。

 イベントは「航空100年記念 羽田空港D滑走路ウオーキング」「D滑走路歩き初め」で、「空の日」(9月20日)を記念して行う。現在の空港エリアの沖合約600メートルの東京湾上に建設中で、10月21日に供用開始が予定されている滑走路島にバスで向かい、新滑走路上を約500メートルにわたって歩く。写真撮影も可能。対象は小学生以上で、小中学生の参加には保護者の同伴が必要になる。

[広告]

 「羽田空港D滑走路ウオーキング」は9月12日に計14回実施する。定員は事前の抽選で選ばれる700人。応募はハガキで受け付ける。締め切りは8月25日(必着)。「D滑走路歩き初め」は両日、各3回実施。定員は合計600人(各回100人)。応募は往復ハガキで受け付ける。締め切りは8月20日(必着)。

 「空の日フェスティバル」ではほかにも「格納庫見学バスツアー」「飛行機との綱引き」などの事前募集型のイベント(いずれも応募締め切りは8月20日)や、「管制塔見学」(当日受け付け先着500人)、「航空教室」「航空100年記念展示会」なども開催予定。

 各イベントの詳細や応募方法は同空港ターミナルのサイトや「空の日ネット」などで確認できる。