夏休み企画展「羽田空港と日本の空展」-歴代制服ファッションショーも

イベントでは国産YS-11型機の見学ツアーも実施する 写真=日本空港ビルデング(1969年撮影)

イベントでは国産YS-11型機の見学ツアーも実施する 写真=日本空港ビルデング(1969年撮影)

  • 0

  •  

 羽田空港第1旅客ターミナル・マーケットプレイス6階ギャラクシーホールで8月1日~8日、「航空 100年記念特別展『羽田空港と日本の空展』」が開催される。主催は日本空港ビルデング。

 毎年夏休み期間に小中学生の子ども向けに開催する同イベント。今年は日本初の有人動力飛行から100年目となる「航空100年」であることから、羽田空港の歴史と発展や航空・宇宙史に関する展示を充実させるほか、フライトシミュレーター体験・キャビンアテンダントによる歴代制服ファッションショー、現役パイロットによる環境講座なども企画。普段見ることのできない羽田空港施設を見学する「ビックバードバックステージツアー」も行う。

[広告]

 会場外では戦後唯一の国産機である「YS-11型機」の見学ツアーと航空機の格納庫見学ツアーなど、参加・体験型中心のイベントを企画。専門家の解説付きで見学できる「YS-11機見学ツアー」は8月7日・8日に計4回実施。各回の定員は40人。整備中の航空を間近に見られる「格納庫航空機見学ツアー」は8月2日・3日を除く期間中毎日、計11回実施する。各回の定員は10人。いずれのツアーも小学生と保護者が対象で、メールによる事前申し込みが必要。

 ギャラクシーホールの開場時間は11時~18時(最終日は17時まで)。入場無料。各イベントの詳細は同社ホームページで確認できる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース