東京マラソンで羽田空港リムジンバス一部運休-大規模交通規制に向け事前対応

羽田空港国内線ターミナルで出発準備を行うリムジンバス(参考画像)

羽田空港国内線ターミナルで出発準備を行うリムジンバス(参考画像)

  • 0

  •  

 東京空港交通(中央区)は2月28日、「東京マラソン2010」開催に伴う都心部の大規模交通規制に対応し、当日の羽田空港発着のリムジンバスの一部を運休する。

 対象となるのは羽田空港を6時30分~13時55分に出発予定の33便(経由便の場合は停留所数)と都内各地から6時45分~14時45分に空港に向かう34便(同)。両方向とも、マラソンのスタート地点である東京都庁のある西新宿エリアのホテルに8時~10時台に発着する便が中心。

[広告]

 同社によると、同大会による交通規制については「数年前の大会から積極的に対応策を講じており、大きな混乱は来していない。今年も事前の運行スケジュールの調整や適切な人員配置などにより利用者への影響を最小限にとどめることができる」と万全の対応へ自信をみせる。

 東京マラソン2010の参加者は、マラソン=3万2千人。10キロレース=3千人。コースとなる都心部の広い範囲では、スタートの午前9時10分前から最長6時間にわたる通行止めなどの交通規制が予定されている。

 同社は、成田空港路線でも同様の一部の便の運休を実施する。当日の運行スケジュールの詳細は同社のホームページで確認できる。