食べる 見る・遊ぶ

有明で「食」の魅力を発信するフードフェスティバル 都内有名料理店など出店

出店するフレンチレストラン「Simplicite」のワンコインメニュー

出店するフレンチレストラン「Simplicite」のワンコインメニュー

  • 2

  •  

 「Tokyo Tokyo Delicious Museum(トーキョー トーキョー デリシャス ミュージアム)」が5月20日~22日、有明にあるシンボルプロムナード公園・石と光の広場、花の広場とTFTビル西館(以上、江東区有明3)で初開催される。

「つきじ天狐」が会場で提供するワンコインメニュー「山葵稲荷寿司」

[広告]

 東京都の政策「未来の東京」戦略の一つ、「世界一の美食都市実現プロジェクト」を推進するため企画された。主催は「春の食フェスティバル2022実行委員会」。

 屋外会場「シンボルプロムナード公園」の「石と光の広場」「花の広場」では、都内のミシュランガイド掲載店や世界各国の料理を提供する料理店などが出店する「飲食ブース」を展開。屋内会場「TFTビル西館」の2階「TFTホール500」と「ホワイエ」では、日本全国の特産品などを販売する「NIPPON Marche」、食に関する「ワークショップ」などを展開する。

 飲食ブースでは、多種多様なジャンルの料理店が35店出店し、各店500円で食べられるワンコインメニューなどを用意する。出店の一例は、「Simplicite(サンプリシテ)」や「REQUINQUER(ルカンケ)」などのミシュランガイド1つ星フレンチ店、「日本橋 天丼 金子半之助」(天ぷら)、「つきじ天狐(てんこ)」(すし)などの和食店、「マンゴツリー東京」(タイ料理)、「AL MINA(アルミーナ)」(パレスチナ料理)など都内にある各国料理店、「雪うさぎ」(かき氷)、「Gelato 9.(ジェラート ナイン)」(ジェラート)などのスイーツ店など。

 NIPPON Marcheでは、日本の食を発信するコンテンツブースを用意。東京の農産物や加工品を販売する「東京マルシェ」、福島・宮城・岩手の3県による特産品を販売する「東北3県応援ブース」、全国の自治体の特産品を集めて販売する「全国特産品ブース」を用意する。

 ワークショップでは、好きな布を使って髪飾りなどを作る東京都指定の伝統工芸「つまみ細工」のコーナー、和紙を使い「折形(おりがた)」という日本伝統の折り方で箸置きなどを作るコーナー、好きな材料を選んで食品サンプルを作るコーナーなどを用意。ワークショップの開催日時と料金はワークショップにより異なる。事前に参加予約可能。

 主催事務局の清水保宏さんは「東京の優れた食の魅力を楽しめる今年初開催のグルメフェス。グルメガイド星付き店、和食、世界の食、スイーツの35店が500円メニューなどを販売する。来場してほしい」と話す。

 開催時間は11時~20時(20日飲食ブースのみ11時30分~)。5月22日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース