買う 暮らす・働く

有明ガーデンに関東最大「無印良品」 暮らしの全てをサポートする品ぞろえ

「無印良品 東京有明グランドオープン」メインビジュアル

「無印良品 東京有明グランドオープン」メインビジュアル

  • 4

  •  

 良品計画(豊島区)が12月3日、住友不動産ショッピングシティ有明ガーデン(江東区有明2)に「無印良品 東京有明」をオープンする。

参加型部屋づくりサポートサービス「DIYサポート/ MUJI INFILL +」(東京有明限定)

 同施設のモール&スパ1階から3階に出店。売り場面積は約1400坪で、関東地方最大となる。日々の生活の道具から、部屋のリフォーム、戸建て販売、街の活性化まで、暮らしの全てに関わる商品・サービスを提供する。1階は日常使いのフロアとして、カフェ、ベーカリーのほか、食品やグリーンの販売コーナーを展開。2階は住まいに関するフロアとして、生活雑貨の販売とリフォーム・リノベーション関係のサービスコーナーを設置。3階では衣料品、日用消耗品を販売する。

[広告]

 無印良品のほぼ全ての商品をそろえるほか、「暮らしのサポート」「家づくり」「街づくり」の3つをテーマにした8つの新商品およびサービスを提供する。同店限定となる商品・サービスは、スタッフが自宅に訪問して収納改善を図る「お片付けサポート」、環境に配慮した洗剤などを100ミリリットル単位で購入できる「洗剤の量り売り」、気軽に部分的なリフォーム相談ができる窓口「部分リフォーム」、ワークショップなどでDIYの基礎知識が体験できるサポートサービス「DIYサポート/MUJI INFILL+」がある。そのほか、同店限定の家具やインテリアアイテムも用意する。

 江東区が行っている環境に関する街づくりの取り組みも積極的に取り入れる。第1弾として、これまで無印良品の店舗で購入した商品に限定していた古着回収の対象を広げ、購入店舗に関わらず不要になった服を受け入れる。国内外で再利用したり、綿・フェルトの原料にしたりなど、リユース・リサイクルに取り組む。

 新型コロナウイルス感染防止の対応として、店内の清掃・消毒、従業員の健康管理を行い、状況に応じて入場制限も行う。セルフレジの増台、画像認識で自動精算するベーカリー用レジの設置、直接接触を減らし買い物できる商品受け取りロッカーの導入など、さまざまな対策を取る。子連れの家族向けに、非接触で「見て楽しむ」「聞いて楽しむ」ことができる遊び場も用意する。

 営業時間は10時~20時。