食べる

「グランドニッコー東京 台場」がオリジナルワイン販売へ 深川ワイナリーとコラボ

ブドウの収穫の様子

ブドウの収穫の様子

  •  
  •  

「グランドニッコー東京 台場」(港区台場2)が1月9日、オリジナルのプライベートワインの販売を始めた。

ブドウの圧搾作業の様子

国産ブドウを原料にする都市型ワイン醸造所「深川ワイナリー」(東京都江東区)と協力して商品化したもので、同ワイナリーがホテルとプライベートワインを醸造、商品化するのは今回が初めての試み。

[広告]

ホテルのソムリエや有志スタッフが、収穫、圧搾、瓶詰め、ラベル貼りなど全行程を手掛けたオリジナルワイン商品の第一弾として、「山形我孫子シャルドネ2017<生(き)ワイン>」をホテル内のレストラン「The Grill on 30th」で提供する。新酒ならではの酸味とドライな口当たり、ビアサーバーから直接注ぐことでフレッシュな味わいが楽しめるのが特徴という。

価格はグラス1杯=1,200円。提供時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=17時30分~22時(ラウンジ営業は23時まで)。

  • はてなブックマークに追加