プレスリリース

アーチェリーはもっと自由で、もっとカッコいい!SUMMER SHOOT'21今年は『世界初』ハイブリット大会で全世界からの参加が可能に。

リリース発行企業:株式会社stand up A guy's

情報提供:

2021年が半分を過ぎ、いまだにコロナ禍と言われ、世の中はまだまだ暗いニュースがあふれていて 時には不安に感じる事もあったかもしれない。 なくなってしまった大事な大会もあったかもしれない。 そんな時、支えになるもの、新しいもの、そんな大会を作り出してもいいじゃないか


2021年9月24(金)~26日(日)新潟県 津南町 ニュー・グリーンピア津南にてSUMMER SHOOT'21(サマーシュート ニーイチ)アーチェリー大会を開催!!http://www.japan-archery-s.com/ss21

昨年、コロナ禍から生まれたアーチェリー大会。SUMMER SHOOT'21(サマーシュート)が今年も開催されます。今回のコンセプトは「笑ってアーチェリーしよう。」



今年も一部地域では昨年同様に大会の開催だけではなく練習場も閉鎖に、、、そして本来であれば賞賛されるはずアスリートの方々が不安の中で頂点を目指してチャレンジしつづけている。でも、周囲はその姿をぼやかしてしまうほどに騒がしい。そんな世の中になってしまっていると感じるのは私たちだけでしょうか?
しかし、そんな時だからこそ、「アーチェリーはもっと自由で、もっとカッコいい」スポーツなんだということを世の中に伝え、全国のアーチャーの皆さんにとっても有意義な大会になるものを作り上げるのが私たちにできることなんじゃないか?!

《詳細発表動画》

https://youtu.be/7u1Ebb51QVA


■公式HP http://www.japan-archery-s.com/ss21
■公式Twitter アカウント:@summershoot20
■公式Instagram アカウント:summer_shoot21
■Facebook イベント名:Summer Shoot’21

《国境も何もかも飛び越えたボーダーレスな大会を目指します》
その為今大会は、リアルとリモートのハイブリット大会で開催をします。このコロナ禍の中でどうしても学校の都合で参加できない学生やほか競技者の方が全国から参加できるように、そして、世界各国からのアーチャーの募集もさせていただき、現地大会に参加しながら国際大会の空気感を感じてもらえる。また、リモート先にも現地の様子をLIVE配信させていただくなども企画しており、アーチェリーを通して世界と繋がることができる大会にしてまいります。そして、昨年に続きパラアスリートの方々も参戦していただきアーチェリーの魅力の一つである誰もが同じラインで競技できるスポーツである事を世の中の人々に届けたいと思っております。


《昨年は大きな大会に出れなくなってしまった学生の為に第1回大会が開かれました。》
新型コロナウイルスの影響を受けた学生のためにクラウドファンディングでご支援頂いた255人もの方々から3,462,080円もの金額を集めることができ、ご協賛、後援、協力いただいた企業、団体、個人の皆様のおかげで、昨年の9月に長野県菅平にてSUMMER SHOOT'20を開催させていただくことができました。ありがとうございました。
【SUMMER SHOOT'20 昨年PV】




その大会現地で感じたあの一体感、SNSでの反響、そしてアーチェリーという競技がこんなにも最高のスポーツで、観ても楽しいということを感じてしまったのは私たち実行委員会のメンバーだけではないはずです。
大会後に来年は?というお話を伺うことが多々ありました。
しかし、昨年の「諦められない夏」というテーマに対して、大会を続けて開催することは
「特別感を失ってしまうのではないか?」という思いもあり"よし、やろう!”という形でもなかったことが正直な感想です。

ではなぜ今回開催に?
前述の思いもありながら、色々な方々からこの半年以上「あの楽しい大会はやらないの?」「アーチェリーをもっと広めたい」そんな声をずっと伺っていました。そのことが後押しになり、実行委員会で話し合い”開催”をすることを決定したのでした。
またしても急始動した私たちではありますが、
昨年の理念に共感していただいたスポンサー企業の皆様は変わりなく応援をしていただけました。

そこで、今大会の会場です。株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス様より、大会会場のご提案をいただき会場の方ともお打ち合わせをさせていただき決定!

今回はニュー・グリーンピア津南(https://new-greenpia.com/
特設グラウンドも十分な広さで交通の利便性もよく上越新幹線 越後湯沢駅から無料シャトルバスの毎日運行なによりもバリアフリー設計であることからパラアスリートの皆様にもご不便をかけないということから私たちの理念の一つでもある「誰もが楽しめるアーチェリー」にマッチしておりご提案の通り決定させていただきました。

そして、このホテルのすごいところはアーチェリー競技を行うことも視野に入れて作られたのではないかと錯覚するほどです。斜面などが必要なフィールドアーチェリー、屋内で行うインドアアーチェリーも開催でき、セミナールームやリラックスタイムとしての施設も充実。そこで、私たちは新しい試みを行うことで新たなSUMMER SHOOTの魅力と意義を作り出すことにしました。

それは,
屋外ターゲット(70m)
フィールド(山の斜面を活用)
インドア(屋内18m)
そして、、、国際試合。

これを2日間ですべて体感できる大会、いや、これは”フェス”といってもいい体験をアーチェリーをやっている人たちが「これやってみたかった」と思うものの実現と初めて見る人たちがのめり込んでしまう環境。これをカタチにしていきます。

《クラウドファンディングをする理由》
そのために次のクラウドファンディングを立ち上げていきます。もう一度整理をするとこの大会を開催するにあたり
・大会に参加する方々は基本的にアーチェリーをやっている人たち
・観戦にこられるのは地元の方、もしくは参加者のご家族、知人

となるわけですが、より多くの方々にアーチェリーの魅力を発信したい。そして、観戦に来られたご家族などにも
アーチェリーってすごいじゃん!と思ってもらえるために昨年同様の当日のライブ配信、会場へのビジョンカー(大型LED)の設置をしていきたいと思っております。
どうしてもこの2つだけは運用費の中でも大きな金額となってしまい皆様のご協力を賜りたくクラウドファウンディングのプロジェクトを立ち上げてまいります。詳細は今後追ってオフィシャルサイト、SNS、YouTubeチャンネル「UNITUBE」https://bit.ly/2WzI9Gnにて発信をしていきます。クラウドファンディングは今月末、大会エントリーは7月初旬を目安にスタートいたします。今後とも新しい情報を随時発信するとともに、”コロナ禍の中からでもボーダーレスの素晴らしい笑顔を生み出せる”フェスを今年、新潟 津南からお届けいたします。

まだ、アーチェリーを知らない方、メディアの皆様ぜひ、アーチェリーという競技を体感していただきたいと想います。よろしくお願い致します。

【参加者の方へのご注意事項】
皆様の大会エントリー及びご宿泊につきましては、指定の旅行会社にて予約を承ります。詳細内容が決まり次第、ご連絡をいたしますので、個人でのご手配等はお控え下さい。予めご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
SUMMER SHOOT21

■公式HP http://www.japan-archery-s.com/ss21
■公式Twitter アカウント:@summershoot20
■公式Instagram アカウント:summer_shoot21
■Facebook イベント名:Summer Shoot’21

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース