プレスリリース

ブランド管理クラウド「Spirally(スパイラリー)」がサービス提供開始。オンラインでのデザインガイドライン作成に対応。

リリース発行企業:株式会社サードスコープ

情報提供:

株式会社サードスコープ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 伊藤 辰也)は、このたびブランド管理クラウド「Spirally(スパイラリー)」のサービス提供を開始したことをお知らせします。さらに当社は、Spirally導入企業様のクリエイティブ関連業務をサポートするため、導入企業様と、ブランディングやクリエイティブ制作を得意とする企業様とのマッチングを提供するための「Spirallyクリエイティブ・パートナー」の募集も開始します。


ブランド管理クラウド「Spirally(スパイラリー)」
複雑化するマーケティング業務を改善する、Spirally(スパイラリー)とは
近年のWebも含めたマーケティング業務は、マーケティング関連サービスやツールの豊富な選択肢によって業務フローが複雑化し、業務におけるコミュニケーションコストが高まってしまう傾向にあります。
さらに、2020年は世界的なリモートワーク拡大によって、リモート環境でのコミュニケーションとして情報の取り扱い自体への重要度がより高まっています。

「過去」に行ってきた施策や、制作したクリエイティブ
「現在」の業務フローや、最新のブランド資産に関する情報
「未来」の方向性を示す企業や、ブランドのアイデンティティ

Spirallyは上記のような、ブランドやクリエイティブの情報をガイドラインとして整理し、オンライン上で作成・管理・共有することに特化したブランド管理のクラウドサービスです。
正しい情報を必要な関係者へ共有することでマーケティング関連業務のコミュニケーション改善をサポートします。

Spirallyサービスサイト:
https://spirally.io

一般公開コンテンツ(サードスコープ・ブランドガイドライン):
https://spirally.io/_/OVLllWA9gqU1PTYElPCO-OVLllWA9gqU1PTYElPCO

コロナ禍でのマーケティング戦略見直しを図る企業支援を
新型コロナウイルス感染症拡大によって、多くの企業で働き方の見直しが行われています。
その影響は企業の経済活動から始まり、個人の私生活においても大きな影響が出ています。
このような中、サードスコープができる感染症拡大防止への取り組みとして、リモートワーク導入を推進するために、Spirallyを通じて僅かでもご支援できればと考えています。
Spirally導入をご検討されている企業さまへ、2021年3月末までの期間にサービスのお申し込みいただくことで、導入後3ヶ月間のアカウント料金を1組織につき100名様分まで無料にてご提供いたします。

サービス導入企業様を支援するSpirallyクリエイティブ・パートナー
Spirallyによる企業やブランドのデザインシステム構築などをサポートする、サービス公認のクリエイティブパートナー制度です。Spirallyでは導入企業様がサービスを活用するための人材リソースが不足している場合に、ご希望に応じたクリエイティブパートナーのご紹介を行って参ります。
株式会社サードスコープと業務提携を行うSpirallyクリエイティブパートナー様には、サービス導入企業様の市場分析や戦略策定、プロダクト開発などのサポートを通じて、マーケティング業務の改善を推進していただきます。

デザインシステムのプラットフォームを目指して
Spirallyには画像をアップロードすることでその画像の配色データを抽出し、カラーパレットに落とし込む、カラーパレットの自動生成機能など、デザインシステムを構築するための便利な機能が備わっています。
デザインシステムは、下記等のドキュメントを内包する組織の共通言語であり、プロダクトです。

マーケティング戦略ガイドライン
ブランディングレギュレーション
スタイルガイド・コーディングルール

近年の発展・複雑化するマーケティングやクリエイティブの業務フローを効率化するため、世界各国の企業やブランドでデザインシステムの導入・構築が進んでいます。
Spirallyはデザインシステムの次世代統合プラットフォームを目指して、今後もさらなる機能やサービス追加を行って参ります。

【会社概要】
株式会社サードスコープ
本社所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-16 U-natura 9F
代表取締役:伊藤 辰也
URL:https://third-scope.com

  • はてなブックマークに追加