はとバス新機能搭載新車両「体験ツアー」-「機能仕様書」プレゼントも

はとバスの新型車両 写真=はとバス

はとバスの新型車両 写真=はとバス

  • 0

  •  

 はとバス(大田区平和島5)は3月12日、同社の新型バスの乗り心地を体験する特別ツアーを運行する。

 バスファンらに向けた「新車ドライブ体験ツアー」で、新機能を備えた車両に乗車し、浜松町(港区)を9時30分に出発。東名高速道路を経由し芦ノ湖で昼食を取り、十国峠・熱海ビーチライン・真鶴道路を経て、「小田原鈴廣(すずひろ)」で買い物を楽しんだ後、小田原厚木道路経由で東京に18時ごろに戻る。

[広告]

 新型車両には先行車との車間距離を自動的に維持して走行する「車間制御クルーズ」や車間距離が一定レベル以下になると作動する「車間距離警報装置」、さらに衝突の恐れがある場合にブレーキが作動し危険回避する「衝突被害軽減ブレーキ」などの新機能を搭載する同車両。

 ツアーはバスメーカーのいすゞ自動車と東京いすゞ自動車の協力を得て実現したもので、はとバスのベテラン・メカニックと営業担当も同行。車内では新車の構造・機能の解説や普段聞くことのできない開発秘話などを披露するほか、参加車の質問にも答える予定。参加者にはプレミアム度の高い「車両説明書(機能仕様書)」を進呈する。

 料金は5,000円。募集人員は200人で、満席になり次第受け付けを締め切る。

 同新型車は、同特別企画での運行が一般に向けた「ツアーデビュー」となる。