暮らす・働く

アシックスが豊洲に都市型低酸素ジムの新施設 グランドオープンへ

「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」外観

「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」外観

  •  
  •  

 アシックスのトレーニング施設「ASICS Sports Complex TOKYO BAY(アシックス スポーツコンプレックス 東京ベイ)」が11月1日、「Dタワー豊洲」(江東区豊洲6)内にオープンする。運営はアシックス・スポーツコンプレックス。

マシンエリアやランニングレーンのあるトレーニングルーム

 酸素濃度の調整によって低酸素環境でのトレーニングができる同施設。「トレーニングルーム1」「トレーニングルーム2」「25メートルプール」「50メートルプール」「スタジオ」に分かれたトレーニングエリアは約3000平方メートルで、都市型低酸素環境下トレーニング施設としては世界最大級(2019年8月時点、アシックス調べ)となる。

[広告]

 酸素濃度は常酸素から標高4000メートル級程度の間で調整可能で、曜日やエリアごとに設定する。トレーニング後のリカバリーを目的とした「コンディショニングルーム」は高酸素状態に設定。はり・きゅうやマッサージなどの施術を受けられる。

 公式情報によると、低酸素環境下でのトレーニングは、通常の酸素濃度の状態で行うトレーニングよりも短時間で効率よく全身持久力の向上や体脂肪の減少などが見込めるという。

 入会時には低酸素環境下における体の応答などを測定。独自の運動強度の適正値(目安)に沿ったトレーニングメニューを提供する。

 営業時間は、平日=7時~22時、土曜・祝日=8時~20時。日曜定休。料金は、入会金=3万3,000円、月額=2万2,000円。

  • はてなブックマークに追加