食べる

インターコンチが限定クリスマスプラン-世界三大珍味を楽しむコースも

「鉄板焼 匠」で提供するフォアグラのソテー(イメージ)

「鉄板焼 匠」で提供するフォアグラのソテー(イメージ)

  •  
  •  

 ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(港区海岸1)は12月1日より、「ワンダーランドホワイトクリスマス」をテーマにしたクリスマスプランを提供する。

田口料理長特製トリュフ炒め御飯(イメージ)

 期間中、粉雪を積もらせたクリスマスツリーなど、白を基調としたホワイトクリスマスのイメージで館内を装飾し、幻想的な世界に足を踏み入れたような華やかなクリスマスを演出。期間限定の宿泊プランとして、エグゼクティブフロア(18階~19階)とクラブインターコンチネンタルフロア(20階~24階)のレインボーブリッジ側の部屋にクリスマスツリーを装飾し、東京湾を一望するオーシャンビューと夜景を特別な気分で楽しみたい宿泊客を迎える。

[広告]

 館内のレストランでは、各料理長が世界三大珍味を使ったスペシャルコースを用意。「鉄板焼 匠」ではキャビアを添えた帆立て貝のグリル、フランス産カモを使ったフォアグラのソテー、田口料理長特製のトリュフ炒め御飯のほか、活アワビの塩竃(がま)焼き、付けジュレを添えた特選の神戸牛ロースなどの高級食材でもてなす「クリスマス巨匠スペシャルコース」(4万円)を提供する。

 12月25日まで。