羽田空港、世界空港ランキングで「ファイブスター」-国内初の最高位評価に

羽田空港国内線第2ターミナル出発ロビー

羽田空港国内線第2ターミナル出発ロビー

  • 0

  •  

 羽田空港(東京国際空港)が、調査会社「SKYTRAX」(スカイトラックス、本部=ロンドン)が8月に発表した世界の空港総合評価で、国内の空港で初めて最高水準の「ファイブスター」を獲得した。

 3月に同空港の旅客ターミナル(第1・第2国内線旅客ターミナル、国際線旅客ターミナル)が、総合的な利便性の高さやアクセスの良さなどを評価され「World’s Best Domestic Airport」(国内線空港総合評価)と「Best Airport Terminal Cleanliness」(ターミナルの清潔さ・快適さの評価)部門で2年連続世界1位の評価を得ていることに続き、国内線・国際線旅客ターミナルの基本施設・物販・飲食等サービス施設とターミナル内デザインや清潔さなど約300の項目があらためて評価され、空港旅客ターミナル全体の品質が総合的に世界最高水準にあると認められた。

[広告]

 同社が毎年実施する空港評価は期間約9カ月、世界約400の主要空港で約1200万人以上の旅行者へ行ったアンケートデータを集計している。

 羽田空港以外の世界の国際空港で「ファイブスター」の評価を受けているのは、羽田空港以外は香港国際空港(香港)、仁川国際空港(韓国)、チャンギ国際空港(シンガポール)の3空港のみ。

 同空港では9月25日、「ファイブスター」評価の授賞式を開催。スカイトラックス社会長により認定の盾が授与される。