見る・遊ぶ

天王洲アイルからアーティスト発掘・育成-寺田倉庫が「TERRDA ART AWARD」初開催

「TERADA ART AWARD」告知デザイン

「TERADA ART AWARD」告知デザイン

  •  
  •  

 天王洲アイル発のアートコンペティション「TERRDA ART AWARD(テラダ・アート・アウォード)」が現在、参加作品を募集している。

 寺田倉庫(品川区)が、若手アーティストを発掘し育成を目的に初開催する同コンペティション。国内企業アウォードとしては最高レベルの賞金額(最優秀賞1点=500万円、優秀賞6点=各50万円)の授与と共に、受賞後にも個展・国内外アートフェアへの出品などをアーティストの活躍の場を広げキャリアアップを多面的にサポートするのが特徴。

[広告]

 募集作品は絵画・写真・版画などの平面作品。国籍を問わず18~35歳のアーティストが対象。応募はアーティスト1人につき2作品までで、専用サイトから一次審査要作品の画像と必要事項を入力する。応募方法と最終審査の規定などの詳細は同ウェブサイトで確認できる。出品料は3,000円。

 選考は審査員に諏訪敦さん、立島惠さん、堀木エリ子さん、三瀬夏之介さん、ミヤケマイさん、山口裕美さんを迎え、一次審査を9月に、最終審査と結果通知を11月に予定する。最終審査で選ばれた入選作品20点については、同社のギャラリースペース「T-ArtComplex(ティー・アート・コンプレックス) 」で「テラダ・アート・アウォード入選者展」として作品展覧会を開く予定。

 同社は今後、同アウォードを継続的に開催する予定で「当社が本拠地とする天王洲アイルが、アートやカルチャーなど若手アーティストの発信地となることを目指す。若手の登竜門としての場を提供するだけでなく芸術家として独り立ちできるように育成する事で、文化・芸術の発展に貢献したい」(同社広報担当者)としている。

 募集締め切りは8月20日17時(必着)。