東京モノレールの制服フィギュア「羽田あいる」-「鉄道むすめ」シリーズに新商品

東京モノレールの制服を着る「羽田あいる」 写真:トミーテック ©2005TOMYTEC

東京モノレールの制服を着る「羽田あいる」 写真:トミーテック ©2005TOMYTEC

  •  
  •  

 トミーテック(栃木県下都賀郡)は8月、人気フィギュア「鉄道むすめ~鉄道制服コレクション」シリーズの最新モデルとして東京モノレールの女性制服を身に着けたオリジナルキャラクター「羽田あいる」を発表した。

 同シリーズは、10センチ~12センチのオリジナルキャラクターが鉄道事業者の制服を着るコレクションフィギュア。交通機関の現場で使用される制服をリアルに再現し、それぞれ鉄道会社の特徴に合わせた「性格」を設定する。販売は数種類のフィギュアのうち1体がランダムで入るブラインドボックスで、価格は525円~。2005年の発売開始以来全国36以上の鉄道会社の制服のバリエーションが登場し、ストラップやカレンダーなどの関連グッズも発売。鉄道ファンやフィギュアコレクターの人気を集めている。

[広告]

 「羽田あいる」は、羽田空港と浜松町駅を結ぶ東京モノレールの駅務掛の制服を身に着ける。名前は同路線の「羽田空港第1・第2ビル駅」と「天王洲アイル駅」から付けた。商品説明には、「物事を順序立てて説明するのが得意。案内に使用するファイルは、情報を独自にまとめたお手製のもの」とある。羽田空港で的確に乗客を案内するスタッフのイメージだという。

 同フィギュアシリーズをテーマにしたテレビドラマ制作も決定しており、同キャラクター役はアイドリングの遠藤舞さんが演じる予定。テレビ神奈川・テレビ埼玉・千葉テレビ・KBS京都・サンテレビの6局が10月から、鉄道事業者・キャラクターごとの2話完結のストーリーを6回と別枠の1話を放送する。

 同社はタカラトミーグループの1社。模型・ホビー市場に向けた企画開発・生産・販売・サービスを一貫して提供する総合ホビーメーカーで、事業の中核は鉄道模型。

  • はてなブックマークに追加