羽田空港国際線で「日本の酒」PR-訪日外国人に「ニッポンを飲もう!」

PR用ブースのイメージ

PR用ブースのイメージ

  •  
  •  

 羽田・成田・中部・関西の4つの国際拠点空港で10月1日より、日本酒と焼酎のPRが展開される。

 政府の観光立国を目指す取り組み「観光立国実現に向けたアクション・プログラム」の一環で、国土交通省・観光庁・国際拠点4空港・酒造業界が一体となり、訪日外国人旅行者を対象に「日本独自の酒」である日本酒と焼酎の良さを広く伝える。

[広告]

 羽田空港国際線旅客ターミナルでは、直営免税売店で酒の試飲や販売を実施。免税エリア内にブースを設置し、訪日外国人に向けて品評会などで受賞した銘柄を紹介すると共に、日本酒と焼酎の製法や飲み方などの「お酒の文化」や外国人が見学可能な国内の酒蔵情報などを案内する。

 成田・中部・関西の各空港でも同様のPR展開を予定。

 紹介する酒・焼酎の銘柄は約2週間毎に入れ替え、全国の銘柄をカバーする。期間は2014年3月31日まで。(取材協力=みんなの空港新聞)