羽田空港・空スイーツに新PB-第1弾は「焼きガトーショコラ・ラスク」

羽田空港の新PB商品「焼きガトーショコラ・ラスク」

羽田空港の新PB商品「焼きガトーショコラ・ラスク」

  •  
  •  

 羽田空港に6月1日、空スイーツの新プライベートブランド(PB)「Times Cross(タイムズクロス)」が登場し、第1弾商品として焼菓子「焼きガトーショコラ・ラスク」が発売される。

 新PBは同空港国内線ターミナルを管理運営する日本空港ビルデングが、「空港は飛び立つ人、降り立つ人が行き交う時と人の交差点」をコンセプトに独自開発。「全国からセレクトしたスイーツとコラボにより空港から発信する」スタイルで展開する。

[広告]

 同ブランド初の商品となる「焼きガトーショコラ・ラスク」は、東京・世田谷の洋菓子専門店「ラ・テール」で人気の「ガトーショコラ」をラスクに焼き上げた。パウンド型の中で焼いたガトーショコラを乾燥させてからスライスし、ココアバターを多く含む「クーベルチュールチョコレート」と北海道産の発酵バターを使うことで、「濃厚なコクと風味」が特徴の味に仕上がるという。

 価格は、6枚入り=630円、10枚入り=1,050円、15枚入り=1,575円。第1旅客ターミナル=東京食賓館(2階・Eゲート前)、第2旅客ターミナル=東京食賓館(2階・時計台3番前)、国際線旅客ターミナル=江戸小路EDO食賓館(4階・名産館)のほか、空港内の14店舗で扱う。

 同社では2011年に初の空港スイーツPBとして「羽田ハッピーすいーつ」を発表。今後は2つのPBで、それぞれ独自にオリジナル商品を展開していく。