プレスリリース

混戦が続くV.LEAGUE DIVISION 1 MEN。V・ファイナルステージ出場をかけた戦いは2/17以降も継続。

リリース発行企業:一般社団法人日本バレーボールリーグ機構

情報提供:

【2/16の試合結果:V1男子】 大田大会 (FC東京 ホームゲーム)  第1試合 FC東京 3 対 1 JTサンダーズ  第2試合 ジェイテクトSTINGS 1 対 3 サントリーサンバーズ 氷見大会(豊田合成トレフェルサ ホームゲーム)  第1試合 豊田合成トレフェルサ 1 対 3 東レアローズ  第2試合 堺ブレイザーズ 3 対 1 大分三好ヴァイセアドラー 松本大会(VC長野トライデンツ ホームゲーム)  第1試合 VC長野トライデンツ 1 対 3 パナソニックパンサーズ 【2/16の試合結果:V2男子】 熊谷大会(埼玉アザレア ホームゲーム)  第1試合 東京ヴェルディ 3 対 1 長野GaRons  第2試合 埼玉アザレア 3 対 0 つくばユナイテッドSunGAIA 諫早大会(トヨタ自動車サンホークス ホームゲーム)  第1試合 警視庁フォートファイターズ 3 対 2 大同特殊鋼レッドスター  第2試合 トヨタ自動車サンホークス 3 対 0 きんでんトリニティーブリッツ


豊田合成トレフェスサ 対 東レアローズの一戦。東レアローズ・井出智選手の好セーブで流れを掴む


 2019年2月16日(土) 2018-19 V.LEAGUE DIVISION 1 MENは、大田区総合体育館(FC東京 ホームゲーム)、氷見市ふれあいスポーツセンター(豊田合成トレフェルサ ホームゲーム)、松本市総合体育館(VC長野トライデンツ ホームゲーム)の3会場で、全5試合が開催された。
 V・ファイナルステージ進出に向けて、各チームがしのぎを削る中、前節まで1ポイント差となっていた6位ジェイテクトSTINGSと7位堺ブレイザーズは明暗を分けた。ジェイテクトは敗れ、堺が勝ったため順位が逆転。V・ファイナルステージ進出をかけた勝負は、次節以降も目が離せない状態となった。
 なお、JTサンダーズがV・ファイナルステージ進出を決め、残る枠は3つとなった。

大田大会:大田区総合体育館(FC東京 ホームゲーム)


氷見大会:氷見市ふれあいスポーツセンター(豊田合成トレフェルサ ホームゲーム)


松本大会:松本市総合体育館(VC長野トライデンツ ホームゲーム)



 2018-19 V.LEAGUE DIVISION 2 MENは、とどろき体育館(トヨタ自動車サンホークス ホームゲーム)、熊谷市民体育館(埼玉アザレア ホームゲーム)の2会場で2試合ずつの全4試合が開催された。
 現在V2で首位を走るトヨタ自動車サンホークスは、長崎でのホームゲームを勝利で飾り、ポイントを43に伸ばした。

熊谷大会:熊谷市民体育館(埼玉アザレア ホームゲーム)


諫早大会:とどろき体育館(トヨタ自動車サンホークス ホームゲーム)



※本票の著作権は、一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
※2018-19 V.LEAGUE 2019年2月16日(土)男子大会の帳票は下記よりダウンロードしてください。
https://prtimes.jp/a/?f=d40680-20190217-5894.pdf

  • はてなブックマークに追加