天気予報

32

25

みん経トピックス

お台場で「ヨガレイブ」お台場で開発カンファレンス

寺田倉庫が「建築倉庫ミュージアム」オープンへ 希少性の高い建築模型の展示も

寺田倉庫が「建築倉庫ミュージアム」オープンへ 希少性の高い建築模型の展示も

建築倉庫ミュージアム・内観

写真を拡大 地図を拡大

 オンラインクラウド収納サービス「minikura(ミニクラ)」など、さまざまな保存・保管事業を行う寺田倉庫(品川区東品川2)と一般社団法人日本建築文化保存協会が今春、建築文化の継承と普及を目的とした文化施設「建築倉庫ミュージアム」をオープンする。

 「収蔵庫そのものを展示する新たな鑑賞体験」をコンセプトに掲げた同施設は、建築模型を展示しながらも最適な環境下で保存・保管する、今までにない全く新しい形式のミュージアム。約450平方メートル、天井高5.2メートルの大空間に116の棚が並び、国内外で活躍する著名な日本人建築家や設計事務所の建築作品のスタディー模型~竣工模型までを一連で展示する。

 各棚には、出展者名とQRコードを記載したパネルを設置。タブレット端末やスマートフォン等でQRコードを読み込むと、出展者の活動や模型作品の竣工写真・図面等の情報にアクセスでき、建築模型の前後左右にある情報をインプットしながら鑑賞できる仕様になっている。

 同施設ではそのほか、貴重な資料である模型にとっての最適な保存環境の研究や、建築文化の素晴らしさを広く周知するべく定期的な企画展やイベントを開催し、建築学生のみならず、建築の未来を担う子どもたちに向けた教育普及活動なども行っていくという。

 入館料は、大人=1,000円、学生=500円。月曜休館。オープン日は未定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング